「自由」が人を悩ませる!迷わないために『行動の時間割』を作ってみました

自分を迷わせる要素がまだ残っていた…!

家事を習慣化させようと家事メニュー表を作っている最中、ふと思いました。

毎日悩まなくていいように「行動の内容」は決めたけど、これいつやる…?

思い返してみると、「なにをやるか?」だけでなく「いつやるか?」
についても、いちいち迷っていたことに気がつきました。

「あとはやるだけ」の状態にするには、まだ考える必要のあることが
残っていたのです。

「自由」って、考えることがたくさん。意外と面倒くさい…!

恥ずかしながらわたくし、時間の使い方が結構めちゃくちゃでした

家事と並行して勉強したり仕事関係のことをしたりして、全部がごちゃまぜ状態
1つのことに、なかなか集中できません。。

やりたいこと・やるべきことがあるはずなのに、なぜか今やらなくていいことに
手を出してしまったり

その原因は、時間に区切りをつけずにその時の「気分」や「思いつき」、
その場の「流れ」で行動していた
から。

何も考えずに行動すると思わぬ方向に進んでしまい、時間を無駄にしてしまいます。

上手くコントロールするには、その分自分で考え(悩み・決断・選択)なければ
なりません
。「自由」って聞こえはいいけど、考えなきゃならないことが
たくさんあるんですよね。

行動の時間を区切って「面倒」を減らす

考える面倒をなくすために、「いつ」「なに」をするか決めてしまおう。

そう思って作った『行動の時間割』がこちら。

何にどのくらいの時間を使うかを決めて、1日(24時間)の中にあてはめてみました。

家事の時間だけでもよかったのですが、せっかくなので1日の時間の使い方を見直し!

きちんと時間を確保したい項目(私は以下の5つ)を挙げて、組み立てました。

  • 睡眠時間
  • 生活に必要な時間(食事や身だしなみ)
  • 家事の時間(家事メニュー表の内容+毎日やる家事)
  • 仕事の時間
  • 自分への投資の時間(リラックス、本を読む、勉強など)

*平日・休日など、行動に合わせていくつかパターンを考えてみると良さそう

*「これだけはやりたい!」と思うことに充てる時間を確保するだけでも良いと思います^^

集中力アップ!気分も前向きに!

自分で決めた時間割に沿って行動するようにしたら、悩む時間がかなり減りました

それぞれの時間を確保したおかげで、必要な時に悩めばよくなりやるべきことに集中しやすい!
他のことに意識が向きにくくなり、1日中同じことをぐるぐる考えることが少なくなりました。

好きではない家事も、さっと済ませてしまおうと前向きに取り組めるように。
「この時間だけやれば終わる!」と思えるから頑張れます。
時間内に終えられるよう、工夫するようにもなりました。

時間を区切ってやるべきことをやっていく。
小さなことでも、「あれもできた、これもできた」と思えると達成感を感じられます

「できたこと」に意識が向くようになり、自信が持てるようにもなりました。
毎日割と気分良くすごせています^^

まとめ

前からやらなきゃと思っていた「時間の使い方の見直し」がやっとできました
家事メニュー表の内容とセットで2週間ほど実践していますが、なかなか良い感じ◎

「家事の習慣化」のために始めたことだけれど、他の部分にも良い影響が出てきました

考えるのが面倒なこと(「なに」を「いつ」「どのくらいやるか」など)は、
できるだけ事前に決めておいたほうがラクできます。

環境によっても変わってくるので、定期的に見直してアップデートしていきたいです。

 

《おすすめの本》

面倒くさいことこそ「習慣」に!習慣化の必要性がやっと分かりました

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です