考えずに行動するだけ!毎日の家事メニュー表を作ってみました

これ、改良して使えるようにしよう!

家事を「習慣化」しようと心に決め、取り組みはじめました。

■関連記事 : 面倒くさいことこそ「習慣」に!習慣化の必要性がやっと分かりました

まず、ふと思い浮かんだのがこちら

1ヶ月の家事をまとめた家事計画表。

三條凛花さんの[ 時間が貯まる 魔法の家事ノート ]を参考に、1年以上前に作ったものです。

  • ごみ収集の日
  • 週1回やる家事
  • 月1回やる家事
  • 献立のヒント

をまとめています。

最近ほとんど活用できていなかったけど、役に立ちそうだぞ。

使いたくない理由を深掘りすれば、改善のポイントが見えてくる

「事前にやることを決めておけば、毎日考えたり悩んだりしなくてすむ!」
という理由から作った家事計画表は、家事の習慣化にぴったり!

でも、実際はほとんど活用できていませんでした。何で??

使っていないものには、何かしらそうさせる理由があります。
自分から遠ざけようとするときの思っていることや、モヤっと感じて
いることを言葉にしてみると原因が見えてきます。

この家事計画表の場合、どうやらこの3つが引っかかっているよう。

  1. 自分には合っていない項目がある
  2. 行動しても、達成感が感じられない
  3. 計画表を探して内容をいちいち確認するのが面倒

モヤモヤポイントを1つずつ改善!ちょっとした工夫で使いやすくなる

先ほどの3つの項目に対して、1つ1つ改善のポイントを考えてみました。

  1. 自分が「やりたい」と思う内容に変える
  2. 行動の成果を目立たせる
  3. 定位置を決めて目につきやすくする

これらをもとに改良↓

1. 自分が「やりたい」と思う内容に変える

「月ごと」の家事内容を見直し。
自分でやりたいと思うものを書き出してみて、自分に合った内容に変更しました。
今までのは、人のマネをしていたから
モヤモヤしていたんです。自分で決めるの大事!

2.行動の成果を目立たせる

太めのマーカーでチェックを入れることに。
頑張った成果がパッと見て分かると嬉しいです^^
全部に色を付けたいと思わせるのも狙い。(ゲームのようになったら楽しいなと。)

3.定位置を決めて常に見えるようにする

毎朝向かうテーブルの上を定位置に。
必ず目に入るから自然と確認できるし、棚から出し入れしたり探したりする
面倒をなくしました

α タイトルを変えて印象を良くする

漢字が並んだカタイ印象が嫌だったので、タイトルを変更。
フォントも丸っこくて可愛いものに変えてみました。

私は見た目重視タイプ(右左脳)で色や形からの影響を受けやすいので、
少しでも気分が上がるように工夫してみました。

全体像

あとは行動するだけ、毎日いちいち悩まない!

劇的な変化はないけれど、ちょっとした変更で使いやすくなりました◎

見た目のことだけではなく、置いておく場所や使い方の仕組みなども
含めて考え直せたのが良かった
と思います。

よーし、あとは毎日これを見て行動すればいいだけ!頑張ります^^

「家事の習慣化」はつづく

 

《参考書籍》

自分に合ったフォーマットを!家事メニュー表の作り方

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です