自分に合ったフォーマットを!家事メニュー表の作り方

事前にやることを決めておけば、毎日家事について考えたり悩んだりしなくてすむ!

家事の習慣化の第一歩として、『家事メニュー表』を作りました。

関連記事:考えずに行動するだけ!毎日の家事メニュー表を作ってみました

前回の記事やInstagramの投稿に、たくさんの方が興味を持ってくださったようで
とっても嬉しいです^^

せっかくなので、家事メニュー表の内容と作り方を簡単にご紹介したいと思います。

家事メニュー表って?

1ヶ月の家事の予定をまとめて、パッと見渡せるようにしたもの。

「あとは行動するだけ」の状態にして、考えたり悩んだりしないで
家事に取り組めるようにすることがねらいです。

  • ごみ収集日
  • 1回やる家事
  • 1回やる家事
  • +αでやりたいこと(季節の家事など)
  • 献立のヒント

をまとめ、A4サイズのルーズリーフに印刷して使っています。

作り方

① 週1回やる家事を決める

 週1回のペースで集中的にやりたい家事を書き出す。
曜日に関連づけて内容を決めると覚えやすいです◎

【例】

  • 曜日コンロ周り掃除
  • 曜日回り掃除
  • 曜日拭き掃除
  • 曜日家計簿まとめ …など

② 月に1回やる家事を決める

ついつい忘れてしまうこと、定期的にやっておきたい家事を書き出す(30個前後)

できるだけ簡単で、自分がやりたいと思うものを選ぶのがポイントです
やりたくないものを入れていたらサボることが多かったです…ハードルは
低く!

③ 献立のヒントを考える

曜日ごとに献立のヒントを考える。(日付ごとにメニューを決めてしまうのもあり)

【例】

  • 疲れが出やすい曜日即席メニュー
  • 家族揃って食べられる曜日出来立てが美味しいもの(揚げ物、麺類など)
  • 買いだめ前冷蔵庫の中にある食材を使い切る(まぜこぜ料理:炒め物・スープ) …など

町田貞子さんの[暮し上手の整理学]という本を参考にしています。

④ 枠組みを作る

Excelなどで枠組みを作ります。

(※私はIllustratorというデザイン系のソフトを使っています)

⑤ 枠内に家事の内容を記入する

「月1回やる家事」を入力する(お好きな順に)。「週1回やる家事」や、他の項目も入力。

※曜日と連動している箇所は、月ごとに位置を調整します。

土日やお休みの日に色をつけておくと、曜日が分かりやすくなります◎

…で完成♪

α の工夫

気分が上がるタイトルや見た目に

英語を使うとお洒落に見えるので、タイトルは『Housekeeping Menu』に
してみました。フォントも好みのものを選ぶと、より気分が上がります◎

以前は『家事計画』にしていました。読んだ時の響きや、見た目も堅苦しく感じませんか?

黒以外の色を選んでみる

文字や枠の色はこげ茶色にして、優しい印象になるようにしました。

(分かりやすいように差をつけています)

を使うと書類みたいで冷たい(機械的?な)感じがして嫌だったので。

色を少し変えるだけでも、雰囲気が変わりますよ^^

使い方のポイント

成果を分かりやすくする

太めのマーカーで「済」の印を入れて、成果がパッと見て分かるようにしました。
達成感を感じられる工夫は大事だと思います。

定位置を決める

置いておく場所を決めて、目に入るようにしています。家事のやり忘れや、
家事メニュー表の紛失防止にも効果的です。

自分に合うように変えると、もっと使いやすくなる!

いかがでしたでしょうか?

なんだかんだ言っておりますが、ご自身に合う内容で作っていただくのが、
1番大切なポイント
です!人の作ったものをそのままマネしても、上手くいかない
ことが多いのでご注意を。(経験談)

この家事メニュー表は三條凛花さんの[ 時間が貯まる 魔法の家事ノート ]を参考に
して作りました。本家の『家事ノート』は手書きで可愛らしい雰囲気^^
書き込む項目も色々あって、「家事を丁寧に楽しもう!」というスタンスが
とっても素敵です。

それに対して私は、「家事はサッと済ませて他のことに時間を注ぎたい派」
最低限の家事で済むように項目を絞って、シンプルにまとめました。

何のためにこれを作るのか?
(家事を楽しみたい!家事の時間を短縮して他のことに使いたい!…など)
目的をはっきりさせて、ご自身に合うように作り変えてみてくださいね^^

 

《参考書籍》

面倒くさいことこそ「習慣」に!習慣化の必要性がやっと分かりました

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です