まずは土台づくりから!

筆者のノートの使い方は結構独特で面白いのだけど、
それ以上に仕組みづくり(本の構成)が素晴らしい!

岡田斗司夫さんあなたを天才 にするスマートノートを読みました。

どんなに優れたノート術でも、続かなければ意味がない!
習慣にするために「無理せず」「楽しく」が大事なポイントだと考える筆者。

いきなり「完成形」を紹介するのではなく、
まずは「毎日その日にあった出来事を5つ書く」といった簡単なところからはじめます
ノートに書く習慣がついてきたら徐々にレベルアップさせていき、
「達人」の状態に導いていく…という流れになっています。

こういうノート術の本は今まで見たことなくて、かなり新鮮。
「ノートを活用しよう!」といきなりはじめても、
自分の中にちゃんとしたベース(無理せず楽しく書く習慣)ができていないと、
いつの間にかやらなくなってしまいます。。

「自分にも無理なく続けられる」「自分にとって良い効果がある」といった
プラスのイメージが脳に刷り込まれていくと習慣になっていくのだと思います。
(たぶん!)

こういった、「少しずつ自分に馴染ませていくための時間や行動」って大事だよなぁ。
何事も土台をつくるところからですね!

 

《その他 おすすめの本》

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です