見た目をキレイに整えるだけがデザインじゃない!とっても素敵なパッケージ発見しました

これ、とっても良いデザインだなぁ

『北欧、暮らしの道具店』さんで、久しぶりにお買い物しました。

先日荷物が届いたのですが、ダンボール箱のデザインが
リニューアルされていて、すっごく素敵!

細かいところまで気配りされていて、
こだわって作られたものなんだなと感じました。

「届いた時・開ける時のワクワク感」を演出!お客様への思いも込められている

「北欧」をテーマに描かれた可愛らしいイラストが特徴的。
なんだか心がほっこりします^^

が、それだけではないんです!

箱を開けるとThank youの文字が現れたり、

「大切に扱ってくださいね」ということを表した手描きのマークが、
イラストの中に混じっていたり。

そしてそして、箱のデザインに合わせて作られた、オリジナルのテープ
すごく凝っているなぁ~

「商品が届いた時や箱を開ける時のワクワク感」を演出したり、
「お客様に喜んでほしい」という思いが込められたとっても素敵な
デザインだと思いました。

作っている方たちも、ワクワクしながら作られたのではないかと想像します。

ただの「梱包・輸送用の箱」ではなく、お客様との「接点」として捉えている

ダンボール箱には商品を「守る」「運ぶ」という大切な役割がありますが、
できるだけ無駄をカットしたい部分でもあります。

印刷方法や機械の性能も関係しますが、コストや手間を最小限抑えるため、
シンプルなものが多いと思われます。
よく使うネットショップのダンボール箱たち。


『北欧、暮らしの道具店』さんの以前のダンボール箱。(奇跡的に我が家にありました!)

どれも嫌な感じはしないけれど、ちょっと味気ないなぁなんて思うこともありました。

リニューアル後のダンボール箱も、一見シンプルなデザイン。
でも、様々な工夫から分かるように、他のものとは少し違います。

ただの「梱包・輸送用の箱」ではなく、お客様との大切な「接点」であると捉え、
あえて力を入れている

ダンボール箱に込める思いや、目的が違うのだから、仕上がりや受け取った人の
感じ方も変わってくるのだと思います。

細部に、「こだわり」「らしさ」が表れる

普通なら簡単に済ませてしまいがちな部分も、大切にしてこだわっている。
そこが『北欧、暮らしの道具店』さんらしくて、とっても良いなと感じました。

こんなふうに、ちょっとしたところにもその会社の「こだわり」「らしさ」などが
表れる
ものです。受け手は自然とそれを感じ取って、「なんか良いな」と思ったり
「あんまり好きじゃないかも」と思ったりするのだと思います。

扱っている商品に対するこだわりや愛着・お客様を大切に思う気持ちなどが、
デザインを通してきちんと伝わってくる

だから、このパッケージを見た時にグッときたのだと思いました。

まとめ

単に見た目をキレイに整えるのがデザインではない!

デザインに「会社の姿勢」や「お客様に対する思い」などを、
含ませることもできるのです。

物事の本質的な部分にせまり、それを分かり易く伝えたり、
カタチにしていくことがデザインだと考えます
デザインって、とっても奥深くて面白いんですよ!

またビビッとくるものがあったらご紹介します^^

 

《おすすめの本》

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です