「自分の強み」どう活かす?ストレングス・ファインダーの活用アイデア

「苦手なことを無理してやるより、
自分の得意なことを伸ばしてくださいね〜」

最近、こういったことをお話しする
機会が多いのですが、

得意なことって、どう見つけたらいいの?

具体的にどんな行動をしたらいいの?

と、お悩みの方が多いように感じています。

そんな方々に向けて、
長年の試行錯誤のなかで見つけた
「これやって良かった!」
という方法をご紹介します^^

ストレングス・ファインダーで自分の「才能」を見つける

まず、自分の「得意」や「才能」を
知るために、ストレングス・ファインダー
がオススメです。

100以上の国の、企業・学校・コミュニティなどで活用されている「才能診断ツール」

■ 関連記事:
「弱み」ではなく「強み」に目を向ける!
ストレングス・ファインダーで

自分の才能を調べてみました

得意や才能 = 難なくできること

特に意識せず自然とできていることなので、
自分では気づけないことが多いのです。

自分に自信がなくてお悩みのかたは、
こういった診断の力を借りると、
客観的に自分を捉えることができますよ^^

「理想」や「達成したいこと」に対して、役立つ特性を選ぶ

ストレングス・ファインダーで診断すると、
自分が持つ「資質」を強い順に出してくれます。

この結果やレポートをもとに、
具体な行動を考えていきます!

① 紙を用意。
 中心に「なりたい理想の自分」
「達成したいこと」などを書く

目立つように大きく!

② 上位5つの資質について書き出す

例えばこんな感じ…

レポートなどを読んで、
自分に当てはまっていると感じる部分を
いくつかピックアップします。

③「理想の状態」に近づくために、
 特性をどう使うか考える

紙の中心に書いた「理想の状態」に対して、
自分が持っている特性を活かすとしたら

  • どのような行動ができそうか?
  • どんな場面で使えそうか?
  • 何に気をつけたら良さそうか?

などを具体的に言葉にしていきます。

あとは、ここに書いたことを
意識しながら行動するのみ!

まとめ

ポイントは、

理想や達成したいことを決めてから
自分のどの特性を活用できるかな?

という順で考えること。

目指すゴールに合わせて、
自分のどの特性をどこでどう
活かしたら良いかを考える。

そうすることで、
より具体的な行動のアイデアを
出すことができます◎

仕事やプライベートなことにも
応用できるので、
ぜひお試しくださいね^^

診断を受けてそのままにしているのは、
もったいない!!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です