自分の気持ちを充分に理解し深めていれば、言葉は武器になる!

「言葉」に興味があって、以前から気になっていた本。
梅田悟司さんの「言葉にできる」は武器になるを読みました。

話すことはあまり得意ではないけれど、文字にしていくのは好き。
文章を組み立てていく中で、自分の頭の中を整理できたり、
本当の想いに辿り着くことができたことがあって興味深いと感じていました。

この本にも書いてあるように、
言葉はコミュニケーションのツールとしてだけでなく、
「自分を深める」ための役割もあると思います。

「想いを伝えたい!」「共感してもらいたい!」と強く思っていても、
自分の気持ちを充分に理解して深めていなければ、
言葉にできないし相手にも響きません

著者が紹介している方法は、今まで自分が何となくやっていたことと
通じるところがあり、更に考えが広がっていきそうです◎
とても参考になりました!

「内なる言葉」の精度を上げて、自分の言葉を武器にしていきたい!

 

 

《その他 おすすめの本》

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です