自分に自信がない人は「感情」に注目せよ!才能を引き出すためにやると良いこと

「私、特別な才能なんて持ってないし……」
って思っている人ほど、この本読んだほうが良いです!!

人にオススメされて手にとったのですが、

『 才能が9割 』って…… (^^;;

特別な能力を持った、選ばれし人が読む本なんじゃないの?!

私、そんなの持ってないしなぁ……

しかも、たった「3つの質問」で
自分の才能を引き出すことができるというのです。

そんな簡単にできることなの?本当かなぁ…

しかし!読み進めていくと、とてもスッキリ。
なるほど、そういうことかー!!と納得できました^^

まずね、そもそもの「才能」の捉え方が違ったんです。

「才能 = 能力」ではない!

筆者の北端康良さんは、「才能」をこのように表現されています。

才能 = 感情 × 行動 × 能力

一部の人にだけ与えられた特別な「能力」のことではなく、
「感情」「行動」「能力」を掛け合わせたものが才能である、と。

なかでも一番重要なのは、「自分の感情」だとおっしゃっています。

多くの人は、才能を見つけようと「能力」ばかりに着目しますが、
重要なのは、あなたの感情は「どんなとき」に動くのかを見つけることです。

「感情」を出発点にするとモチベーションが自然とわき出て、
無理やりモチベーションを上げる必要がなくなるというのです。

大切なのは自分を突き動かす「強い感情」

感情といっても何でも良いわけではなくて、
自分が敏感に反応する「強い感情」であることが大切です。

例えば

  • これが気になって、居ても立ってもいられない
  • こういう時、無性に腹が立ってしまう
  • こんなことを言われると、飛び上がるほど嬉しい

…など

感情が強く動くというのは、
それを大切にしたいと思っているということ。(=自分の価値観)

大切にしたい!これだけは譲れない!

その気持ちを満たすために、人は自然と行動する。
そして、行動がどんどん積み重なって、能力になる。

これが「才能」が生まれる流れです。

自分の行動スイッチがONになる時、
確かに何らかの感情が先にあった気がするのよね。
(もっとこうなりたい!とか、こんなの嫌だ!!みたいな…)

強い感情がそのスイッチになっていたのね〜

自分を「裏切る」と自信も才能も手に入らない

感情が強く動くのは、何より大切にしたいことに対して。

だから、自然に行動に移せるし無理なく続けられる。
夢中になっているうちに、どんどん才能が磨かれていく。

それって最強だよね。

はじめから才能を追いかけるのではなく、
自分の感情を揺さぶるものを見つける!

見つかったものを自分の「価値観」「コンセプト」にして、
何かを選ぶ時・判断する時の基準にしたら良いんです。

自分に正直に行動し続けていれば、
ゆるぎない自信と才能が手に入る!

これなんです。

逆に、これに反する行動をとっていると、
それらはいつまでたっても手に入らない。

なぜなら「自分を裏切る」ことになるからです。

これ、過去の自分に思い当たるところがあって、
めちゃくちゃ納得しました。

「本当はこうしたい」って思いがあったはずなのに、
その思いに蓋をして行動しなかった。
だから、ずーっと自信ないままだったんだ…!

大切なことはとてもシンプル

自信と才能を手に入れた人は、
「自分が最も大切にする価値観を貫いた人」

実はとってもシンプルなことなんですよね。

自分に正直に、行動し続けたら良いんだもの!

  • 自分を突き動かすものって何なのか?
  • 自分のコンセプトって何なのか?
  • それらをどう活かしていったらいいのか?

ぜひ、本の中で紹介されている「3つの質問」に答えて、
探してみてくださいね〜^^

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です