「ダメな部分」に注目するのは後でいい!自己分析のコツ発見しました♡

「自分と向き合うのは苦しいことだ」

長い間そう思い続けていたのですが、
いつの間にかその考えが
ひっくり返っていました。

自分と向き合うことって、すごく面白い^^

その変化の理由は、
この2つの方法に出合ったから。

① 偏愛マップ ▶︎ 参考記事

② ストレングス・ファインダー ▶︎ 参考記事

「自己分析」や「自分を深掘り」する
といったことに苦手意識を感じている方
オススメです◎

2つに共通するポイントは、

まず「自分のプラスの部分」に
注目するところにあります。

  • 自分の好きなモノやコトは?
  • 持っている才能(強みの原石)は?

「自分にないもの」ではなく、
「自分にあるもの」に
先に目を向けることで、

私が大切にしているのはこれだ

自分にはこんな才能があるのね

と素直に自分を認めたり、
可能性に気づくことができます。

先に自分に自信が持てる状態」
しておくと、ダメな部分が見えても
ヘコみにくくなりますよ^^

自分と向き合うのが苦手な方は特に、

あれができない、これも苦手…と、

自分の「ダメな部分」に注目することから
取り掛かっていませんか?

マイナスな面を見続けているから、

  • 自分には良いところがない
  • ダメな人間だ
  • 私なんか…

負のループにはまってしまうのです。

ダメな部分と向き合うのは、
自分の良いところを知った後でOK

「自分の良い部分」に注目するやり方を、
ぜひ取り入れてみてください^^

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です