好きなものは「好き!」と言えるようになりたい!コミュニケーション上手になれるコツを発見しました

わたくし、人と打ち解けるまでにかなり時間がかかってしまうタイプなのですが、
やっとその原因が分かりました…!

シャイで口下手ということに加えて、自分のこと、特に「自分の好きなもの・こと」
について積極的に発してこなかった
から。

周りの目を気にして、いつも無難なことしか話さない。自分を隠しているから、
「何だかよく分からない・つかみどころがない人」になっていたのではないかと
気がつきました。

最近読んだこちらの本 [ 偏愛マップ ] にヒントが隠されていました。

『偏愛マップ』とは

自分の「大好きなもの」を一枚の紙に自由に書き込んだマップのこと。

二人一組で互いのマップを見せ合いながらコミュニケーションをはかると、
非常に盛り上がるんだそう!

偏愛マップ自体がとっても興味深いのですが、ここで注目したいのはお互いの
「好き」を共有することの効果についてです。

「好き」を通じたコミュニケーションは楽しい!

好きなものについて話しているときは楽しい。簡単なことですが、これを
コミュニケーションの柱にしてしまう、というのが偏愛マップのねらいです。

私はInstagramで自分の好きなものやことについて投稿していますが、
ある意味これも「偏愛」を通じたコミュニケーションと言えます。

自分が「好き」と思うものに興味を持ってくださったり、
面白がって見てくださる方がいらっしゃるととっても嬉しい!
コメントのやり取りをするのもすごく楽しいです^^

また、好きなものが似ている方の投稿で自分との共通点が見つかると、
なんだか嬉しい気持ちになったりします。すごいテンション上がる!(笑

実際に会ってお話しするのとは少し違いますが、好きなものを通して
誰かと繋がったりその輪が広がっていくのはものすごく嬉しいし楽しい!

「好き」を通じたコミュニケーションはとってもポジティブだし、
ものすごいパワーが秘められている
と感じています。

共通の「好き」があると人間関係は上手くいく

人間の本性として「自分が好きなものを好きな人は、絶対にいい人だ」
という錯覚ともいえる確信があります。

一つでも共通の偏愛があれば、それで人間関係はうまくいくものです。

相手が自分と同じものを好きだと分かった瞬間、心の距離がぐっと縮まるような
感覚がありますが、そういうことだったのか…確かに、自分と重ねて見てしまう
ようなところがあるかも。

単なる「共通点」ではなく「好き」なことが重なると、親近感や安心感がさらに
増して強い結びつきができる
。だから、人間関係が上手くいくと言えるのかもしれません。

まずは自分から「好き」を発することが大切

相手に自分のことをまずわかってもらう。人間関係を最初から円滑にするというのは、大切なことです。

今まで私は、自分を知ってもらうチャンスを自ら手放すという、
非常にもったいないことをしていた
なと反省しています…

コミュニケーション上手になるには、自分のことを隠していちゃダメだ!

まずは自分の「好き」をどんどん発して、ひっかかりをたくさん用意する
相手との共通点を見つけやすいベースをつくっておくことが大切なのだと思いました。

まとめ

好きなものを「好き!」と自信を持って言えるようになりたい!

私にとってまだ少し勇気がいることだけど、それができたほうが楽しいし、
もっと色々な人と繋がりたいと思うのです。

偏愛マップ、面白そうなので自分でも作ってみようと思います^^

by
関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です